犬がしっぽで語る5つの感情!

犬がしっぽを振っていると喜んでいると認識されている方が多いと思います。しかし、喜びの感情だけでなく、そのほかの感情も犬はしっぽを振ることで表現します。ということで今回は、そんな犬がしっぽで語るいろんな気持ちについてまとめてみました。

スポンサーリンク

犬がしっぽを振るときの感情

興奮している時は、しっぽを激しく振ります。興奮すればするほどしっぽの振りは激しさを増します。注意が必要なのは、この「興奮」というのは「うれしい」というときだけでなく「威嚇」という感情の場合もあります。そのため、しっぽをすごく振っている犬を撫でようとした所、噛みつかれてしまうということもおきかねないです。その犬の性格やその場のシチュエーションから判断することが大切です。

また「うれしい」ときの興奮でも、過度な興奮は逆にストレスの原因になります。帰宅し出迎えてくれるときにあまりにも激しく興奮している場合は、飼い主さんの方が我慢をし、少し落ち着かせてから撫でてあげるほうがいいでしょう。

犬のしっぽの動きとその気持ち

腰を低く落とし、しっぽを大きく振る

大好きな飼い主さんや犬などと出会った時の愛情表現です。飼い主さんが帰宅したときによく見かける光景ですね。

しっぽを高く上げ、小刻みに振る

知らない犬などに対し威嚇しているときです。喧嘩の前兆ともいえるため、他のことに注意をそらしてあげる必要があります。

しっぽを垂らし、ゆっくりと揺れる程度に振る

犬は不快感を感じており、いやだなぁと思っています。あなたに対して心を許していないときの状態です。

しっぽをまっすぐ伸ばす

遠くでなにかの音がしたり、なにかが近づいてきたりしたときなど、耳を澄まして周りを伺っています

後ろ足の間にしっぽをはさみこんでいる

恐怖を感じている状態です。服従や降参という意味もあります。許してあげてください。

まとめ

しっぽだけを見ても様々な気持ちを読み取ることができますが、言葉を持たない犬たちは全身を使って気持ちを表現しています。それらも考慮に入れた上でより気持ちを汲んであげれたらいいですね。以上で犬がしっぽで語るいろんな気持ちについてお伝えしました。

Comment

タイトルとURLをコピーしました