あなたはいくつ答えられる? 犬種にまつわるクイズ10選 Vol.01

どうも jeieici です。

当サイトでおまけで作成していた犬種にまつわるクイズをまとめてみました。全10問ありますのでお時間あれば、ぜひ挑戦してみてください。

スポンサーリンク

犬種にまつわるクイズ

第1問 ダルメシアンにまつわるクイズ

アメリカの消防署ではダルメシアンがマスコットとして抜擢されています。それはなぜでしょう?

答え:消防車が馬車だった時代にダルメシアンが伴走犬を務めていた為、ダルメシアンがアメリカの消防署のマスコットに抜擢されました。

 

第2問 ダックスフンドにまつわるクイズ

犬の鳴き声は日本語では「ワンワン」、英語では「バウワウ(bow wow)」といいますが、ダックスフンドの出身地であるドイツではなんというでしょう?

答え:ドイツ語で犬の鳴き声は「ワウワウ(wau wau)」となります。

 

第3問 グレーハウンドにまつわるクイズ

グレーハウンド(Greyhound)を直訳すれば、灰色の猟犬となりますが、どうやら別の意味が名前の由来になっているという説があるようです。それはなんでしょう?

答え:ラテン語で「上級」という意味の「グラディウス」や「ギリシャ」という意味の「グライウス」が由来している説があるようです。あくまで説なのではっきりしたことはわかってないようです。  

 

第4問 グレートデーンにまつわるクイズ

世界トップクラスの大型犬であるグレートデーンですが、パピー時代も当然あります。そのパピー時代から大人になるまでに約何倍の大きさになるでしょうか?

答え:グレートデーンはたったの700gで生まれてきて、その1年後には70kgになりますので、1年で100倍になります。このように凄まじい成長なので生後12ヶ月までの期間を「成長爆発の時期」と呼ばれるようです。

 

第5問 ボーダコリーにまつわるクイズ

「アイ(EYE)」とよばれる、ボーダーコリーのシンボルともいえる動作があるのですが、これはどのような動作のことでしょうか? 

答え:姿勢を低くして狙いを定め睨みつける動作のことを「アイ(EYE)」といいます。ボーダーコリーは牧羊犬として働いていた当時、アイにより羊にプレッシャーを与え、羊を誘導していました。現在でもその名残でこのようにおもちゃなどを凝視することがよくあるようです。

 

スポンサーリンク

 

第6問 ドーベルマンにまつわるクイズ

アメリカでは現在でも「ドーベルマン・ピンシャー」と呼ばれていますが、ヨーロッパでは「ドーベルマン」と呼ばれています。この「ドーベルマン・ピンシャー」という名前は誕生当初の名前なのですが、ヨーロッパではそう呼ばれなくなったのはなぜでしょう? 

答え:「ピンシャー」とはドイツ語で「テリアの仕事をしていた犬」という意味があります。テリアは農場で害獣退治をしていた犬だったので、護衛犬をしていたドーベルマンにはふさわしくないとの理由で「ピンシャー」を落とし、「ドーベルマン」と呼ばれるようになりました。

 

第7問 ラブラドールレトリバーにまつわるクイズ

ラブラドールレトリバーの祖先犬がいたセントジョンズという街は、あるギネス記録を持っています。それはどのような内容でしょう?

答え:セントジョンズという街は、世界一霧の深い街としてギネス記録に認定されています。 

 

第8問 フラットコーテッドレトリバーにまつわるクイズ

フラットコーテッドレトリバーはその名の通り直毛の犬種ですが、この直毛がカーリーコーテッドレトリバーなどに見られる巻き毛に比べ、あることに対し大変メリットがあります。それはなんでしょう?

答え:巻き毛よりも直毛のほうが、水をはじきやすいため、水中作業犬であったフラットコーテッドレトリバーのお仕事にとって大変メリットがありました。 

 

第9問 カーリーコーテッドレトリバーにまつわるクイズ

カーリーコーテッドレトリバーは多くの巻き毛の犬種との交配により特徴的な全身巻き毛のレトリバーとなったのですが、その犬種の中に超有名な犬種も含まれます。それはなんでしょう?

答え:プードルです。カーリーコーテッドレトリバーはプードルの血統もひいており、そのために巻き毛がより強くなったそうです。 

 

第10問 アイリッシュレッドアンドホワイトセターにまつわるクイズ

こちら「セター」という名前の由来はなんでしょうか?

答え:この犬種は鳥猟をお仕事としていました。獲物をにらみつけ、ひるませて動けなくすることを「セット(set)」といい、それが名前の由来になっています。猟師の合図によりにらみを解き、飛びたった獲物を猟師が仕留めるというわけです。すごい優秀ですね。  

  

以上で犬種にまつわるクイズをお伝えしました。次回もご期待ください。

Comment

タイトルとURLをコピーしました