イギリス出身の人気犬種15選!世界最多の犬種原産国!

どうも jeieici です。

世界には多種多様な犬種が存在し、その中でもイギリスは犬種が世界一多い国として有名です。そのイギリス出身の犬種の中でも、特に人気の犬種や有名な犬種を紹介していきます。

スポンサーリンク

ウェルシュ・コーギー

ウェルシュ・コーギーは「ヒーラー」と呼ばれる牧畜犬として活躍していました。このヒーラーとは、牛のかかとを噛みながら牛を追いたてるお仕事のことをいいます。ウェルシュ・コーギーの胴長短足という愛らしい姿は、この仕事をこなすにあたって適していました。

ウェルシュ・コーギーには、ウェルシュ・コーギー・ペンブロークとウェルシュ・コーギー・カーディガンの2種類の犬種がいます。

ペンブロークとカーディガンの2犬種は、見た目も名前もよく似ており、出身地も同じウェールズであるため、なかなか見分けがつきにくいですね。それぞれの容姿や歴史の違いについてはこちら⬇︎で詳しく紹介しています。

ボーダー・コリー

ボーダーコリーは全ての犬種の中で最も頭がいい犬とされています。人間で例えるならば2歳児くらいの知能があり、言語でいうと約200種類の言葉を聞き分けられるといわれています。

賢さに加え、優れた運動能力を持ち合わせています。それが発揮できるものとしてアジリティというドッグスポーツがあり、ボーダコリーはもっとも活躍している犬種です。

ちなみに「ボーダー」とは「国境」という意味であり、ボーダーコリーがイングランドとスコットランドの国境付近出身であることが由来しています。

ラブラドール・レトリーバー

作業犬としても家庭犬としても世界トップクラスに入るほど優秀です。盲導犬、麻薬探知犬、介助補助犬、災害救助犬などでの活躍やレトリーブ能力を競う狩猟協議会でも優秀な成績を収めているようです。

ゴールデン・レトリーバー

ラブラドールレトリバーと並び、世界中から愛されている犬種です。もともと鳥猟において獲物を回収する仕事(レトリーブ)をしていました。その仕事には優れた学習能力と人間に対して強調する能力が必要とされており、それが家庭でも発揮され、世界中から愛される理由となっています。

フラットコーテッド・レトリーバー

フラットコーテッドレトリバーという名前の通り、直毛であることが特徴的なレトリバーです。祖先犬であるウェービーコーテッドレトリバーにセターやスコッチコリーという犬種との交配により、さらに巻き毛がゆるく直毛となっていき、現在のフラットコーテッドレトリバーとして変わっていきました。

スポンサーリンク

カーリーコーテッド・レトリーバー

レトリバーの中では珍しい全身が巻き毛のレトリバーです。この容姿から「レトリバー界の貴公子」とも呼ばれているそうです。全6犬種いるレトリバーの中でもっとも古い歴史を持つ犬であり、イギリス最古のレトリバーともいわれています。

シェットランド・シープドッグ

世界的にも人気の高いシェットランド・シープドッグは見た目の美しさや頭の良さだけがその理由ではありません。とても忠実でしつけやすく、家族に対する愛情の深さも人気の理由です。牧羊犬であった名残のためか、人間の出すわずかな仕草を見逃さず先読みするという、とても頭の回転が早い一面もあるようです。

シェットランド・シープドッグの名前は、スコットランドのシェットランド諸島で牧羊犬として活躍していたことから由来しています。

ラフ・コリー

ボーダーコリーと祖先犬を同じとするラフ・コリーはボルゾイの血を受け継いでいるため、独特の長い顔をもっています。とても優雅で上品な容姿をしており、ショードッグとして活躍していた歴史をもっています。

ビーグル

優れた嗅覚で獲物を追跡する嗅覚ハウンドに分類されるビーグルは、とても優れた嗅覚の持ち主です。ビーグルの狩猟スタイルは複数のビーグルが展開し、お互いに鳴き合うことで獲物の居場所を知らせ、追い詰めていくというものでした。その狩猟スタイルや美しい鳴き声からビーグルのことを「シンキング・ビーグル」や「森の声楽隊」と呼んでいたそうです。

ジャック・ラッセル・テリア

好奇心旺盛で活発で賢く頑固な性格で、小さな体でとてもやんちゃな犬種です。そのパワフルな性格が人気の理由でもあります。

ジャックラッセルテリアに類似している犬種であるパーソンラッセルテリアとの違いについてはこちら⬇︎にて詳しく解説しています。

スポンサーリンク

ヨークシャー・テリア

「動く宝石」と呼ばれ、愛称はヨーキーことヨークシャー・テリアは体重が2~3kgがスタンダードとされており、ジャパンケネルクラブの公認の犬種の中でチワワに次ぐ、世界二位の小さい犬種です。現在の小柄でかわいらしい外見から想像できないですが、当時はネズミ捕りや狩猟犬として活躍していたようです。

キャバリア・キング・チャールズ・スパニエル

インドアを好む飼い主の場合は飼い主と同じ部屋で静かに過ごし、アクティブな飼い主の場合はそれに合わせドッグスポーツで活躍できるといった、どのような環境にも適応することができる、家庭犬のカガミといえる犬種です。そして、他の人や犬ともすぐ仲良くなれる社交性があります。

祖先犬を同じとするキング・チャールズ・スパニエルとの違いについてはこちら⬇︎で詳しく解説しています。

イングリッシュ・コッカー・スパニエル

人も他の犬も大好きで、とてもポジティブな性格をしています。どんな環境にも適応することができる協調性をもっており、人を喜ばせたいと思う精神に溢れています。このレトリバーと共通する性格が家庭犬として愛されている理由のひとつです。

ブル・ドッグ

鼻が口よりも引っ込んでいる顔が魅力であるブル・ドッグ。この特徴的な顔は、ブル・ベインティングという見世物で牛に噛みついた時にも呼吸ができるためといわれています。ブル・ベインティングやブル・ドッグの歴史についてはこちら⬇︎にて詳しく紹介しています。

グレーハウンド

視覚ハウンド(SightHounds)と呼ばれるグループに属しており、優れた視力と足腰で獲物を追跡し捕獲する狩猟犬として適した犬種です。 走ることに関して、他の犬種と比べると群を抜いて優れていて、時速約70kmで走るといわれ、犬の中では最速です。

以上でイギリス出身の人気犬種15選をお伝えしました。他にもいろんな犬種について紹介していきますので興味ありましたらご覧ください。

Comment

タイトルとURLをコピーしました