2019年度!人気犬種ランキング トップ10

どうも jeieici です。

今回は人気の犬種をランキング形式にてトップ10を紹介します。

このランキングはジャパンケネルクラブが公開している犬種別犬籍登録頭数に基づいたものです。

スポンサーリンク

人気犬種ランキング

第10位 マルチーズ

登録頭数:8,034

原産国はイタリアといわれる小型犬です。適応性がよく、気難しさがない性格をしており、新しい環境にもすぐに馴染むことができます。

愛らしい見た目どおりで飼いやすい性格のため、初めて犬を家族に迎え入れようとされている方にも適しており、それが日本も含め世界中から愛されている理由でもあります。

 

第9位 シー・ズー

登録頭数:9,417

チベット出身の気品ある外見の小型犬です。もともとは「チベタン・ライオン・ドッグ」と呼ばれていましたが、後に「小さなライオン犬」という意味を持つ「シー・ズー」と改名されました。

活発で元気な時もあれば、特に何をするわけでもなく状況を静かに眺めていることもあります。環境の変化に対してストレスを感じにくく、物事に対して動じることのない性格をしています。

 

第8位 フレンチ・ブルドッグ

登録頭数:9,905

名前のとおりフランス出身で、その立ち耳の外見から「バットイヤー」と呼ばれています。

性格は一言でいうと天真爛漫です。人や他の犬に対してひるむことなく積極的です。そしてもともとはブルドッグ系の犬ということもあり、勇敢さやたくましさも持ち合わせています。

 

第7位 ヨークシャー・テリア

登録頭数:9,948

イギリス北部に位置するヨークシャー地方出身の小型犬です。「歩く宝石」と呼ばれ、「ヨーキー」という愛称で親しまれています。

体重が2~3kgがスタンダードとされ、チワワに次ぐ世界で2番目に体が小さい犬種です。成犬で1.8kg未満のヨークシャーテリアを「ティーカップヨーキー」という名称で呼ぶことがあるそうですが、これは通称で正式なものではありません。

 

第6位 ミニチュア・シュナウザー

登録頭数:10,071

マズルにあるヒゲと目の上に影をつくる眉毛がなんとも人間くさい雰囲気の小型犬です。アクティブで遊び好き、人と他の犬ともすぐ仲良くなれる性格で、人の表情を読むとることが得意でしつけをしやすいです。そのような点も家庭犬として愛されている理由ですね。

 

スポンサーリンク

 

第5位 柴犬

登録頭数:10,553

全7犬種の日本犬の中で一番小柄な犬種です。毛色は、赤、黒、白、胡麻の4色があり、クルッと巻いた白い尻尾が特徴的ですね。

体高は40cm前後がスタンダードとされています。その中でも体高30cm未満の小さな柴犬は「豆柴」と呼ばれています。豆柴は小さい柴犬を表す言葉であって、正式なものではないようです。

 

第4位 ポメラニアン

登録頭数:19,148

ポメラニアンの祖先犬がポメラニア地方に存在していたといわれており、それが名前に由来しています。ポメラニア地方とは、ポーランド北西部からドイツ北東部の地域のことをいいます。

体高が20cm前後、体重が1.5~3kgがスタンダードとされています。スピッツの血をひいているだけあって、中には5kgを超える子たちもいるようです。

自分自身の大きさがわかっていないかのように、人間に対しても他の犬に対しても強気に出る性格です。しかし、いったん人との信頼関係を築くと忠実なパートナーとなります。愛情深く、学習能力も高く、褒めてもらうのが大好きな子たちです。人間のことも大好きで何に対しても嬉しいという感情を大きく見せるという特徴があります。

 

第3位 ミニチュアダックスフンド

登録頭数:19,546(カニンヘン:6,094、ミニチュア:19,546、スタンダード:65)

短い足と長い胴が特徴的なドイツ出身の小型犬です。最近ではミニチュアダックスフンドよりも小柄なカニンヘンダックスフンドも人気ですね。

ちなみに生後15ヶ月以上での胸囲の値で、スタンダード(胸囲35cm以上)、ミニチュア(胸囲30~35cm)、カニンヘン(胸囲30cm以下)の3種類に分類されます。

ダックスフンドは温厚な性格で、人とも他の犬ともすぐ仲良くなれる平和主義者です。こういった点もダックスフンドが愛される理由のひとつです。

 

第2位 チワワ

登録頭数:49,689

世界一小さい犬であるチワワが第2位です。メキシコのチワワ州が原産地であるといわれていて、それが名前の由来となっています。

毛並みにはスムースコートとロングコートがあります。スムースコートのほうが明るく活発な子たちが多く、ロングコートのほうがおとなしく穏やかな子たちが多いといわれています。

 

第1位 トイプードル

登録頭数:73,046(トイ:73,046、ミニチュア:154、ミディアム:186、スタンダード:829)

ぬいぐるみのような愛らしい姿をしたトイプードルが第1位です。街中でも一番見かけるのではないでしょうか?

原産国であるフランスでは、「プードル」ではなく「カニシェ(Caniche)」と呼ばれています。

プードルは体の大きさによって、スタンダード、ミディアム、ミニチュア、トイの4種類に分類されます。その中で一番小柄なトイプードルが日本では人気のようですね。

犬種として正式には認められてませんが、トイプードルより小柄のティーカッププードルやタイニープードル、そのさらに小柄のマイクロティーカッププードルと呼ばれるプードルたちがいます。

 

まとめ

トイプードルが2位のチワワと大差をあけ、第1位となっています。日本では都市化が進んだ影響で小型犬が人気のようですね。

このランキングはあくまで日本で登録されている頭数が多いというランキングなので、ランキング下位の犬種が飼いにくいなどといったことでは決してないです。どの犬種も人間側が充分な知識と責任感を持って向き合えば、最高のパートナーとなると個人的には思います。こちらの記事を読んでくださった方も最高のパートナーを大切にしてあげてくださいね。

以上で人気犬種ランキングトップ10を紹介しました。

他にもいろんな犬種について紹介していますので興味ありましたらご覧ください。

Comment

タイトルとURLをコピーしました