アメリカン・スタッフォードシャー・テリアの歴史と特徴と性格

どうも jeieici です。

今回はアメリカン・スタッフォードシャー・テリアの歴史や特徴、性格についてお伝えします。

スポンサーリンク

アメリカン・スタッフォードシャー・テリアの特徴

原産地:アメリカ

原地名:American Staffordshire Terrier

体高:オスが46~48cm、メスが43~46cm

アメリカン・スタッフォードシャー・テリアの性格

当時の闘犬としての闘争本能は家庭犬に適するよう繁殖する過程で弱められました。祖先犬が同じであるスタッフォードシャー・ブル・テリアよりも落ち着いた性格をしています。しかし、他の犬に対し、自分の強さを誇示する傾向があるため、子犬の頃からの社会科訓練が重要です。元闘犬が問題視されることがありますが、それは社会科訓練の欠如が原因の場合が多いです。

 

アメリカン・スタッフォードシャー・テリアの歴史

1800年代、ヨーロッパではアメリカに移民することが盛んになっていました。その中でイギリスからの移民がスタッフォードシャー・ブル・テリアをアメリカに連れてきました。そのスタッフォードシャー・ブル・テリアを独自の改良をして生まれたのが、アメリカン・スタッフォードシャー・テリアです。アメリカン・ブルドッグやマスティフ系の犬種と交配したといわれています。

当時のアメリカン・スタッフォードシャー・テリアの仕事は、畜前の牛を興奮させるため、けしかけることでした。現在では信じられない話ですが、こうすることで牛の肉が柔らかくなると信じられていたそうです。そして、このときの闘争心をかわれ、闘犬となっていったようです。現在では闘犬は禁止されており、アメリカン・スタッフォードシャー・テリアは家庭犬として親しまれています。

アメリカン・スタッフォードシャー・テリアのまとめ

アメリカン・スタッフォードシャー・テリアについてまとめると下記の通りです。

  • 本闘犬
  • 性格は落ち着きがある

以上でアメリカン・スタッフォードシャー・テリアについてお伝えしました。

他にもいろんな犬種について紹介していますので興味ありましたらご覧ください。

Comment

タイトルとURLをコピーしました