犬ゾリ?オッドアイ?シベリアンハスキーの歴史と特徴

どうも jeieici です。

今回は、シベリアンハスキーの歴史や特徴についてお伝えしていきます。

スポンサーリンク

シベリアンハスキーの特徴

原産地:アメリカ

原地名:Siberian Husky

体高:オスが53.5~60cm、メスが50.5〜56cm

体重:オスが20.5〜28kg、メスが15.5〜23kg

筋肉質な体型で、被毛は分厚いダブルコートで覆われています。出身がシベリアということもあり、暑さにはとてもとても苦手な子たちです。日本の夏はシベリアンハスキーにとって過酷な暑さとなりますので、温度管理には注意が必要です。

シベリアンハスキーの性格

シベリアンハスキーは同じスピッツ犬種である日本犬よりも、感情の出し方がはっきりしていて人見知りをあまりしない性格をしています。喜びの感情を出す時も、吠える時も大袈裟な感情表現はします。

シベリアンハスキーの目の色

黒、青、茶、黄などがあります。

また左右の目の色が違うオッドアイというものもあります。

もともと日光が少ない地域で生まれたシベリアンハスキーの目はメラニンが少なく、青色でした。その後、日光が多い地域に移動したことで、メラニンの多い茶色の目に変化したといわれています。その過程で誕生したオッドアイということもあり、健康上には影響のないものです。

シベリアンハスキーの歴史

シベリア北東部のチェルスキー山脈一帯が出身であるいわれています。そこに住んでいたチュクチ族と呼ばれる人々とともに生活していたようです。シベリアンハスキーといえば有名なのが犬ゾリですね。当時から犬ゾリをお仕事として活躍していました。

シベリアンハスキーを一躍有名にした出来事があります。それは、1925年にアラスカのノームという都市にてジフテリアが流行しました。大量の血清が必要となった時、救世主となったのが、シベリアンハスキーの犬ゾリで でした。1000km近い距離を犬ゾリでリレーし、血清を届け、多くの人々を救ったそうです。

このことがニュースに取り上げられ、シベリアンハスキーが有名になる出来事となりました。この件の名誉を称えたハスキー犬の彫像がニューヨークのセントラルパークに建てられています。

シベリアンハスキーの名前の由来

「シベリアン」の部分はそのままですね。ロシアのシベリア地方出身であることが由来しています。

「ハスキー」の部分は、「エスキモー」という言葉が由来であるといわれています。エスキモーとはアラスカ等の先住民のことです。シベリアを訪れた人々がエスキモーのことをハスキーと呼んでおり、それが名前の由来になったといわれています。

また、シベリアンハスキーが乾いた声で鳴くことから、「乾いた声」の意味がある「ハスキー」が由来している説もあります。

シベリアンハスキーのまとめ

シベリアンハスキーについてまとめると下記の通りです。

  • シベリア出身
  • 犬ゾリで有名
  • 暑さにめっぽう弱い

以上で、シベリアンハスキーについてお伝えしました。

 

他にもいろいろな犬種について紹介しておりますので、ご興味ありましたらご覧ください。

Comment

タイトルとURLをコピーしました