ウィペットの歴史と特徴と性格、そして名前の由来

中型の視覚ハウンドであるウィペットの歴史と特徴と性格、そして名前の由来についてお伝えします。

突然ですが本題に入る前にウィペットにまつわるクイズを出題します。

  • ウィペットはソファなどで寝ることが大好きということで、ある異名で呼ばれています。それはなんと呼ばれているでしょう?

答えは本記事内にありますのでぜひご覧くださいね。

スポンサーリンク

ウィペットの特徴

原産地:イギリス

原地名:ウィペット Whippet

体 高:オスが47〜51cm、メスが44〜47cm

 

ウィペットの性格

愛情深く、とてもフレンドリーな性格をしています。どんな環境であっても適応しやすく、また群れ意識が高い犬なので集団では精神的に安心するようです。

家の中ではとても静かで、ソファなどで寝るのが大好きなことから「カウチ・ハウンド」と呼ばれているそうです。

しかし、外では動くものを見ると全力で追いかけるなどとアクティブな性格に一変します。

運動量も多いため、ドッグランなどで走りたいという欲求を満たしてあげる必要があります。

 

スポンサーリンク

 

ウィペットの歴史

14世紀中頃から原産国であるイギリスでは、グレーハウンドを使う狩猟は平民の間で禁じられていました。

そこでグレーハウンドの代用としてウィペットが活躍することになり、その当時はウィペットのことを「貧乏人のグレーハウンド」と呼んでいたそうです。

ウィペットの起源となると歴史は古いですが、犬種としては19世紀後半に誕生しました。

イギリス北部で、小型のグレーハウンドマンチェスター・テリア、ベドリントン・テリア、ホワイト・テリアなどを掛け合わせて誕生したといわれています。

当時、ウィペットはイギリスのダーハムやニューカッスルなどでドッグレースをしていましたが、グレーハウンドがドッグレースで活躍し始めたことや、ショードッグしてのウィペットの魅力が認められたことで、ドッグレースではあまり活躍していないようです。

 

ウィペットの名前の由来

レースで活躍する犬なので「whip it(ムチ打つ)」から由来した説や、走っている時の犬のしっぽが「whip(ムチ)」のような形をしているからという説などといくつかの説があるようです。

 

ウィペットのまとめ

ウィペットについてまとめると下記の通りです。

  • カウチ・ハウンドのいう異名を持つ 
  • かつて貧乏人のグレーハウンドと呼ばれていた 
  • 家の中では静か、家の外ではアクティブ

以上でウィペットについてお伝えしました。

他にもいろんな犬種について紹介していますので興味ありましたらご覧ください。

Comment

タイトルとURLをコピーしました