世界一小さい犬!チワワの毛色の種類などの特徴と歴史を徹底解説

どうも jeieici とです。

今回は、チワワの毛色の種類や体型などの特徴、歴史についてお伝えしていきたいと思います。

スポンサーリンク

チワワの特徴

原産地:メキシコ

原地名:チワウェーニョ(Chihuahueño)

体重:1.5〜3kg

 

チワワの毛並み

下記の2種類があります。

スムースコート

スムースコート

光沢のある短い被毛をしています。毛は短い為、お手入れは簡単そうに見えますが、常時抜け毛はあるようです。スムースコートのほうが、明るく活発な子たちが多いといわれています。

ロングコート

ロングコート

フワッとした柔らかく長い被毛をしています。毛が長いですが、寒さには弱い子たちなので、温度管理には注意が必要です。個人差はありますが、ロングコートのほうが、おとなしく穏やかな子たちが多いといわれています。

 

チワワの毛色

クリーム
レッド
左:ホワイト  右:ブラックタン
ブラックホワイト
チョコタン

などなど、他にもいくつかありますがかなり多くの毛色のバリエーションがあります。

 

チワワの体型

チワワの体型には、「ドワーフタイプ」と「ハイオンタイプ」と「スクエアタイプ」という3種類の体型があります。

ドワーフタイプ

足や首が短く、胴が長い、骨太でどっしりした体型です。

ハイオンタイプ

足長で体高が高く、スリムなモデル体型です。

スクエアタイプ

ドワーフタイプとハイオンタイプとの中間くらいの体型です。

チワワの歴史

メキシコのチワワ州が出身地であるといわれており、名前の由来となっています。

ですが、どのようにして誕生したかはっきりしたことはわかっていません。ヨーロッパからコロンブスを通してメキシコに持ち込まれた説、中国の小型犬が元となった説など様々な説があるようです。

5世紀のマヤ文明の古代都市チチェン・イッツァの遺跡や16世紀のチョルーラのピラミッドの遺跡からチワワに似た小型の犬をモチーフにしたものが発掘されています。

いずれもメキシコ国内であり、その他の時代でもチワワに似た犬の記録が多く残されています。そのため、チワワの祖先となる犬は1000年以上前からメキシコに存在していたといわれています。

現在でも数多くの人から人気のチワワですが、最初に人気が出たのはアメリカのアリゾナ州、ニューメキシコ州でした。当時、「メキシコの小さな犬」として紹介され、その後、アメリカ人により「チワワ」と名づけられました。1904年にはアメリカンケネルクラブに登録されています。

その後はご存知の通り日本やヨーロッパでも人気になっております。

チワワのまとめ

チワワについて、下記の通りまとめました。

  • 世界一小さい犬
  • メキシコのチワワ州が名前の由来
  • スムースコート、ロングコートの2種類の毛並み
  • ドワーフ、ハイオン、スクエアの3種類の体型
  • いろんな毛色がある

以上で、チワワについてお伝えしました。

 

他にもいろいろな犬種について紹介しておりますので、ご興味ありましたらご覧ください。

Comment

タイトルとURLをコピーしました