ヨークシャーテリアの歴史と特徴

どうも jeieici です。

今回は、「動く宝石」と呼ばれるヨーキーことヨークシャーテリアについてお伝えします。

スポンサーリンク

ヨークシャーテリアの特徴

原産地:イギリス

原地名:Yorkshire Terrier

体 重:3.2kg以下

体重が2~3kgがスタンダードとされています。ジャパンケネルクラブの公認の犬種の中でチワワに次ぐ、世界二位の小さい犬です。

最近では、成犬で1.8kg未満のヨークシャーテリアを「ティーカップヨーキー」という名称で呼ぶことがあるそうです。ただこれは通称で正式なものではありません。また体が小さい分、ストレスや病気に弱い子たちが多いそうです。

小さいからカワイイからというだけの理由ではなく、十分な知識と責任感を持って家族に迎え入れてほしいですね。

ヨークシャーテリアの歴史

19世紀のイギリスで誕生したヨークシャーテリアは、当時、現在よりも体は大きかったようです。

マルチーズ、スカイテリア、マンテェスターテリア、ウォーターサイドテリアなどとの交配により、小柄な体型になったようです。

現在の小柄でかわいらしい外見から想像できないですが、当時はネズミ捕り狩猟犬として活躍していたようです。

ヨークシャーテリアの名前の由来

イギリス北部に位置するヨークシャー地方出身であることが名前の由来になっています。

元々は「ブロークン・ヘアード・スコッチ・オア・ヨークシャーテリア」という名前でしたが、長すぎで覚えにくいという理由で、現在のように「ヨークシャーテリア」と呼ばれるようになりました。

名前にいろいろ詰め込みすぎですよね。

ヨークシャーテリアのまとめ

ヨークシャーテリアについてまとめると下記の通りです。

  • 愛称は「ヨーキー」
  • 別名は「動く宝石」
  • 元々は「ブロークン・ヘアード・スコッチ・オア・ヨークシャーテリア」

以上で、ヨークシャーテリアについてお伝えしました。

 

他にもいろいろな犬種について紹介していますので、興味ありましたらご覧ください。

Comment

タイトルとURLをコピーしました